施工実績

梅の移植

友人の学校の先生が(知り合いのお店の梅の木を掘って家に入れたい)と相談があり預かることになりました。

持主の方の「なんとか残してあげたい」という想い…

先生の「可哀想や…」という気持ち…

そのご縁に触れさせていただき今回、移植させていただきました。

通常伐採されてしまうところをなんとか移植させていただけた事に感謝ですね〜d(^_^o)

植木屋らしい仕事をさせていただけたと思います。

いつも思うのですがこういう時は問題があまり起こらず、スッッと終ります。

場所 大きさ 向きなどもピタリときまります。

木にも想いや感謝の気持ちがある様に思えてなりません。

ゆかり えにし えん…

庭づくりの上で…生きていく上で…大事にしている言葉です。

お施主様との…

その土地との…

その時との…

材料との…

廃材との出会いも大切にすることで新しいデザインがうまれることもある。

庭づくり

日の力…

土の力…

水の力…

風の力…

石の力…

樹の力…

苔の力…

草の力…

人の力…

時の力…

を借りて

先人の知恵を学び

重力や水圧や湿度や温度や…

自然の力を理解して

ある時は風景を借り

ある時は景色を隠し

その時 その場所 その縁を大切にして

つく(造 創 作)らせていただくものだと

まだまだ学ばなければ…

ホームページ

以前薬剤散布をご依頼してくださったお施主様…

剪定と不要木の伐採抜根の依頼をして頂きました。

ありがたい事です(^人^)

作業は順調に進みました。

寒肥

苔を剥がして肥料を入れます。

どうしても跡が残るのですが…

少しでも早く治してあげたいので、なるべく傷めないように…

丁寧に抑え治して…

左下の部分ですが、傷がない方が仕上がりです。

寒肥

庭を管理させていただく中で、最近寒肥の需要が失われている様です。

確かに枯れはしない…

けれども色が悪くなったり花や実が小さくなったり、病害虫に侵されやすくなったりする事があります。

何より庭師が入ることで、枯れや病害虫への気付き、治療が早く行える。

痩せ衰えた庭を見ると痩せ衰えたペットや介護されている方を見るようで悲しくなります…(泣)

健康な庭を創る為にも寒肥お願いしますm(_ _)m

野村勘治「夢窓疎石の庭を語る」

今迄 名庭と呼ばれる庭に違和感を感じ続けていました。

その疑問がほぼ氷解

そんなセミナーでした。

夢窓疎石に限らず、構想(コンセプト)があり造形(デザイン)し細かいところまで(ディテール)造り込み管理していく…

夢窓疎石を透して過去の庭師を観る(感じる)事により色々な疑問が己の中で消化されていく気がしました。

石材加工

昔…といっても数十年前迄は今ある超合金入りの道具はなく鉄ノミ等だけで加工されていたそうです。

私の親方の修行時代はタンガロン?入りのノミが出始めた頃でかなり高価だったとか…

やっと買ったノミを下手に打って折って泣いたとか…

1日に使うぶんのノミの焼き入れを、早起きしてするのが小僧の仕事だった…等

素敵な話を教えていただいていたと思える年になったかな…

機械で、埃と騒音を出してバリバリ仕事をする事もしますが、今の素晴らしい道具と昔の技術を融合させると…

良い仕事になると思う!

失敗すると凹むけどね…

石材据付

お施主様の要望通りに据付ること…

コレも大事な仕事です。

自分を表現する仕事の場合は危険や作業の段取りなど色々な事を考えて、仕事を準備します。

完成までをイメージできているので、ほぼ問題は起こりません。

しかし他人のイメージを表現することはとても難しいものです。

一歩先をイメージしながら、半歩先を常に修正をかけられる技術と予測がなければうまくいきません。

今回も、良い勉強をさせていただきました。

赤松

スキー場のゲレンデに一本だけ残された赤松

どれくらいの年月を重ねてこの幹肌になったのか…

枝もそう…なんとも言えない揺らぎの中伸びている。

枯れでさえも必要なものに見えてくる…

まだまだ勉強、まだまだ精進

Copyright(c) 株式会社 亀山造園 All Rights Reserved.