この時期の松の剪定において古い葉だけではなく新しい葉までとる作業の事を言います。

しかしそもそもなぜそんな事をするのでしょう⁉️

明確に答えくれる人も、書いてある書物にも出会えぬまま30年近い月日が流れています。

snsを使い質問してみていますが、皆さん色々な考えを持っていらっしゃるようです。

そこで私自身考えをまとめる為にココで書き残す事にしました。(続きはまたFBの亀山造園ページになります)

まず最初に言えることは「光合成量の調整」かと思っています。

コレの作業、言葉の通り「揉み上げ」ます。物理的にもはや芽の重さが減る為枝があがります。また、周りをあげることにより元の重さに近くすれば揉み下げる事も出来ます。

(コレについてはまた別の機会に書きたいと思いますが、大切にされている木を下枝から触るのはこのことが関係しています。)

またこの作業により枝の強さ弱さをコントロールすることができる事も重要な事です。(揉み上げるだけではなく、他の作業も関連しているので単純な話ではありません。念のため)枝を太くしたり弱くしたりの多少ではありますができます。

次に見た目の美しさがあると思います。

華道などでも習う事ですが、垂れ枝であっても枝や芽に力をもたせたい時、芽先が上向く事によって美しい芽を印象付けられます。

また濃い芽薄い芽をなくす事によって棚や木全体の濃さが調整できて美しく見せられるということもあります。(ある意味数学的美しさを出すことにつながっていきます。ただ芽摘みという作業との併用あっての部分もあり一概には言えないです。)

古葉毟りと併用する事で生理的にも良い効果があります。

病害虫の防除にも繋がりますし、本来なら枯れてしまう枝へ光や風や水を届ける事にも繋がります。

(続く)