松の剪定時に葉を切ることがあります。

嫌がる方もおられるので、作業としては確認してからされる事をお勧めします。

もともと始めたきっかけは棚の中からはみ出す葉を切ることから始まりました。

春ミドリを摘んで芽の大きさが揃っている木ではする必要は無いですが、年一回の剪定で、人から近い木はコレをする事が多いです。

最近では芽のコントロールにも使えるとも考えています。

また実験的措置を施した枝にコレを目印として残す事もあります。

「葉先から茶色になって…」とか「そんな刈り込みみたい…」

色々言われた事もありましたが、写真の通りソレほどの影響はないように感じています。

fbの会社ページへ続く