痛められた枝や芽もあるのですが、何よりお施主様の心が折れ…

木を小さくして欲しいという願いを受け入れなくてはなりません。

しかしその結果が美しくなくなるのでは意味がないのです。

この子に登らせてもらってから10余年

最初の数年は枯れを外すことから始まりました。新しい、良い芽が出るたびに「良い枝になれ、良い棚になれと育ててきました。」

言葉やフィルター、位置取りではなく正面の姿を考えて今まで枝作りや入れ替えをしていたならば、その答えが返ってくるはず。

きっと新しい学びを得られると思います。

精進、精進(^人^)